press release2021.05.13

“家の真ん中にガレージ!?” オートバックスのオリジナルブランド『GORDON MILLER』と 住宅エンターテインメントメディア『Dolive』がコラボし、 「新しいガレージライフ」を追求した規格住宅を開発

#Dolive 

家づくりをもっとカジュアルにシミュレーションして楽しむために生まれた、住宅エンターテインメントメディア『Dolive(ドライ ブ)』(運営会社:BETSUDAI Inc.TOKYO 株式会社ベツダイ東京支社:東京都港区)は、カー用品販売最 大手チェーン「オートバックス」が提案するガレージライフスタイルブランド『GORDON MILLER(ゴードン ミラー)』(運営 会社:株式会社オートバックスセブン 本社:東京都江東区)とコラボレーションし、ガレージハウスの新築規格住宅及 びリノベーションパッケージを開発することを発表します。2021 年秋頃、Dolive 取扱店にて販売開始予定。

<開発の背景と目的>

ワークスタイルやライフスタイルにおける価値観の変化に伴い、住宅における様々な需要が高まっている昨今。自宅での過 ごし方をより自分らしく、満足がいくものを追求するニーズが顕在化しています。大手住宅メーカーも大々的に「ガレージ」 を使ったシームレスな空間を提案するなど、注目の高さがうかがえます。

同社でも以前よりカーポートやガレージまで一貫してクリエイティブディレクションした住宅を開発したいという想いから、 オプションでの「ガレージ」提案や、「ビルトインガレージ」を採用した規格商品の開発を行ってきました。

そして、今回より多くのユーザーへ新たな価値を提案し、さらなるニーズに応えるべく、「ガレージを中心に拡張するライフス タイル」を提案するブランド『GORDON MILLER』とのコラボレーションが実現。「新しいガレージライフの提案」を追求して まいります。

また、Dolive メディアとして今回のプロジェクトを機に、様々な切り口からガレージライフを提案し、住宅カルチャーを創造 することを目的とします。

GORDON MILLER のコメント

カー用品、アパレル、インテリアから車まで、さまざまな角度から「ガレージを中心に拡張するライフスタイル」を提案していく なかで、ガレージを介して屋外と屋内がシームレスに繋がる「家」はいつか提案したい要素のひとつでした。
ゴードン ミラーが考えるガレージの在り方は、従来の「男の秘密基地」的な、誰かだけのものではなく、ガレージとそこにい る人、車が孤立することなく生活とシームレスに繋がっているものであり、あらゆる趣味を持つ人にとって自分のスタイルがあ らわれるもの。単なるガレージそのものではなく、生活の中に車やガレージがどう関わってくるのかという視点、ゴードン ミラー が考えるガレージの在り方を、このプロジェクトを通して表現し伝えることができればと考えています。

「THE HOUSE GARAGE PROJECT by GORDON MILLER」

ガレージがある家を選ぶ人ってどんな人だろう? 最近ではガレージをシームレスな空間として楽しむ人も増えてきた。 趣味のアウトドアギアを置いたり、家族で DIY をしたり、音楽を流して友人と楽しんだり。 今はもう”ただの車庫”でも”男の隠れ家”でもない。
..
“そこは、仲間や家族とも一緒にたのしむ場所“

アクティブな趣味をもった大人が、相棒であるモノやギアを眺めたりコレクションしたくなるようなガレージが そのまま家になったら? わたしたちはそれを新しい「ガレージハウス」のカタチとして、これまでの「ガレージ」に対する概念を変えていきたい。 そんな想いで今回の「THE HOUSE GARAGE PROJECT」はスタートします。
ネーミング由来は、従来のような家にガレージが付いているのではなく、「ガレージの中に住宅という機能がついている」とい う発想から、あえて”ハウスガレージ“と表現しました。

【プロジェクト概要】

プロジェクトネーム

THE HOUSE GARAGE PROJECT by GORDON MILLER(ザ ハウスガレージプロジェクト バイ ゴードン ミラー)

ロゴデザイン

タグライン

全員、たのしい。そんな家。
“GARAGE” MEETS YOUR LIFE !


好きなこと、なんでも表現できて、 大切な仲間たちと思う存分くつろげる。 家まるごとガレージの新空間に、「自分らしさ」を詰め込んで、 家族との時間も、自分の時間も目一杯楽しもう。
THE HOUSE GARAGE PROJECT が、 全員、楽しい。そんなライフスタイルをお届けします。

デザインコンセプト

家族、友達、みんなが繋がれる新しいガレージライフの提案

デザインは GORDON MILLER のブランドトーンを踏襲。ガレージを軸とし「趣味空間」と「生活空間」を融合。それぞれ のライフスタイルに合わせ機能的で、開放感のある大胆な間取りが特徴。あえて仕切らず、空間をゆるやかに分けることで、 家族みんなが繋がれる空間を提案します。

商品プラン

このコンセプトを実現する2つのビルトインガレージプランを提案します。

■家の真ん中にガレージがある大胆な間取りの 「FLATタイプ」

外観デザイン: 「GORDON MILLER」 らしく素材感を生かしシンプルに仕上げた塗り壁の外壁と、落ち着きのあるモスグリーンの配色、 余計なディテールを入れず、倉庫のようなシンプルで大きな格子窓を採用。

ガレージ: あえて家の中心に配置した約 28 m²の大きなガレージは、奥行も約 7.7m あり、ガレージを孤立させない、居住スペ ースとつながりのある空間を実現。

リビング・ダイニング: サッシを開け放つとガレージと一体感のある広々としたアウトドアリビングに。中2階にロフトスペースを設け、コレクションス ペースやワークスペースとしても。

■都市部など狭い土地でもガレージライフが楽しめる「COMPACT タイプ」

FLATタイプ同様、ガレージが1階の中心部分にあり、ガレージが孤立しない考え方に基づいて設計。 中2階と大きな吹き抜けで構成されるスキップフロアを採用し、2階ワークスペースやLDKなど各フロアにつながりを持たせ たデザインに。

外観: ビルトインガレージを採用し、デザインコンセプトは FLAT タイプ同様。

1F ガレージ:ガレージとエントランスの仕切りに大きなサッシを採用し、床を一続きの土間にすることで、 空間に広がりを持たせ、趣味空間としても提案。

2F ワークスペース: スキップフロアを用いることで、2F からのガレージとの繋がりを演出。

プロジェクトページ

プロジェクトページはこちら

※※「THE HOUSE GARAGE PROJECT by GORDON MILLER」資料請求はこちら 
資料請求はこちら


“どんな箱”に入っても「THE HOUSE GARAGE PROJECT」の世界観を表現したスケルトン×インフィル的構想

今回開発したこの住宅プランは、スケルトン(駆体)とインフィル(デザイン)を組み合わせることによって完成するという 家づくりにおける Dolive の思想“スケルトン・インフィル”の考え方にもとづいて設計しています。スケルトンを選んで、インフ ィルは自分好みのデザインを採用、それにより、より自分のライフスタイルに合った住宅を実現することができると考えます。

Doliveメディア掲載 《THEHOUSEGARAGEPROJECT開発インタビュー》

プロジェクトの発端やコンセプト、これまで紆余曲折など、プロジェクトのキーパーソンたちに訊く開発インタビューを公開。 開発に込めた両者の想いもぜひあわせてご覧ください。

・ハウスプロジェクト始動!
Dolive と GORDON MILLER の考える、新しいガレージライフとは?
▶︎記事はこちら

・ナカとソトをつなぐ、暮らしの起点。
「THE HOUSE GARAGE PROJECT」とは
▶︎記事はこちら

GORDON MILLER とは?

オリジナルカーやウェア、ガレージツール、アウトドアギアなどを販売するオートバックスのオリジナルブランド。

【BRAND CONCEPT】

<心踊るガレージライフ>をテーマにスタートしたブランド。ガレージユースやカーライフを前提とした機能的なデザインのガレ ージウェアやファニチャー、アウトドアギア、ツール、カーインテリア、カーウォッシュなどのさまざまなプロダクトを通して、愛車の ある“ガレージ”から拡張していくライフスタイルを提案しています。

http://www.gordonmillerpro.com/
@gordonmiller_official



【Dolive(ドライブ)】について

「Dolive」は、家づくりをもっとカジュアルにシミュレーションして楽しむために生まれた、住宅エンターテインメントメディアです。 もっともっと毎日を楽しんで暮らすためにユーザー視点の情報を発信しています。 また、メディアで取り上げた新しいアイデ アから発想した規格住宅商品を「Dolive HOUSE」として提案しています。
https://dolive.media/

【BETSUDAI Inc.TOKYO 】について

私たちは、全国展開している住宅ブランド「LIFE LABEL」「Dolive」のフランチャイズ運営を行なっています。 住宅業界にまだない新しい視点とアイディアで、住サービスの価値創造を行うチームとして、常に業界のフラグシップであり たいと考えます。 家づくりが決まり切った息苦しいものではなく、「好みのスタイル」「生活にあった間取り」「そこでの過ごし 方」をお客様自身が想像し、楽しみながらセレクトしていく家づくりをしてほしい。
「暮らしはもっと楽しめる」 私たちは、住宅の提案のみではなく、 そこで今後始まるそれぞれのストーリーづくりを応援します。
https://tokyo.betsudai.co.jp /

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
運営会社:BETSUDAI Inc. TOKYO / Dolive 事務局
所在地:東京都港区南⻘山 4-13-9 クレセントヒルズ 2F
TEL:03-4400-7890
E-MAIL:pr@dolive.media
事業内容:住宅メディアおよび規格住宅フランチャイズの運営
URL: https://tokyo.betsudai.co.jp/