press release2021.08.26

Dolive×SOU・SOU×社外取締役 話題のクリエイター達がつくる“令和の和の家”とは!? “新しい和”のカルチャーを発信する「NIHON NOIE PROJECT」始動!

#Dolive 

家づくりをもっとカジュアルにシミュレーションして楽しむために生まれた、住宅エンターテインメントメディア『Dolive(ドライブ)』(運営会社:BETSUDAI Inc.TOKYO 株式会社ベツダイ東京支社:東京都港区)は、様々なクリエイター達と家や暮らしについて新しいアイデアを導き出す「CREATORS PROJECT(クリエイターズプロジェクト)」の一貫として、『NIHON NOIE PROJECT(にほんのいえプロジェクト)』を発足します。同プロジェクトは、「家」だけでなく、日本がこ れまで大切にしてきた文化や思想、昔ながらの技術や伝統を現代風にアレンジし”新しい和“のカルチャーを発信するプロジェクトやプロダクトを紹介。このプロジェクトによって私たちは古き良きものをあらためて見直し、現代に寄り添った柔軟な視点で、これまでにない“和の暮らし”を発信していきます。

プロジェクトの根幹を担うのは、規格住宅「NIHON NOIE PROJECT by SOU・SOU」。京都の人気テキスタイルブランド『SOU・SOU(ソウソウ)』(運営会社:若林株式会社 京都府京都市)代表 若林剛之氏と、話題のクリエイティブプロダクション「株式会社社外取締役」の谷尻誠氏、土井地博氏とのコラボレーション企画として、これまでにない “和”の暮らしを生み出す、新築規格住宅及び、リノベーションパッケージを開発することを発表します。

<開発の背景と目的>

私たちのライフスタイルが一変して1年が過ぎました。これまでのように自由に海外旅行などをすることがままならなくなり、またオリンピック、パラリンピックの開催で、今、あらためて「日本」や「和」というキーワードに注目が集まっています。これまで様々な地域やカルチャー、ライフスタイルから住宅デザインを提案してきた Dolive も、コロナ禍の今だからこそ、これを機にあらためて日本が大切にしてきた“和”のカルチャーに目を向け、暮らしや住宅デザインに取り入れたいと考えました。

BETSUDAI Inc.TOKYO代表 兼Doliveディレクター 林のコメント

“和”とは、日本人の心の中にある原風景や原体験。どこか懐かしく、旅でしか味わえないような非日常の心地よさ。この体験を求め、風情ある日本旅館へ行くのもいいが、そもそもそれを住宅がやるべきなのではないだろうか。そしてそれを手の届くプロダクトにするのは自分達の役目だと思った。また、住宅業界で“和”をテーマにするとほとんどが「和モダン」をイメージする。我々はそれを高尚なものではなく、皆が共感できるような、“和”をもっとカジュアルにした住宅を提案したい。遊びのあるテキスタイルデザインを通じて“カジュアルな和”を 提案する「SOU・SOU」と組むことで、これまでずっとやりたかった“これまでにない和の住宅”が完成した。

SOU・SOU 代表 若林氏のコメント

日本文化が薄れつつある今、若い世代や都心で暮らす方はほとんど「日本のこと」を知らない。だからこそ、今回のプロジェクトは「新鮮」だと感じてもらえると思う。 昔からある伝統や文化は誰かが始めたもの。なら、我々が今から始めてもいい。100 年経てばこれが伝統になる。この思いが集まればムーブメントになり、カルチャーになる。
昔からあるものと現代のものをミックスし、SOU・SOU らしく“令和の和の住宅”を提案したい。

「NIHON NOIE PROJECT」は両者のこのような想いからスタートします。そして、この企画を一緒に盛り上げるのは「株式会社 社外取締役」。日本を代表する建築家として多くのメディアで取り上げられ、企業家でもある谷尻氏と、BEAMSコミュニケーションディレクターとして多岐にわたる活躍が注目される土井地氏を迎え、4人のクリエイターによって住宅における新しい価値観を創造します。

クリエイターのコラボレーションが生んだこれまでにない“和”の暮らし。

左からBETSUDAIInc.TOKYO 林哲平、社外取締役 谷尻誠、SOU・SOU 若林剛之、社外取締役 土井地博

【プロジェクト概要】

プロジェクトネーム

NIHON NOIE PROJECT (にほんのいえプロジェクト)

プロダクトネーム

NIHON NOIE PROJECT by SOU・SOU (にほんのいえプロジェクトバイソウソウ)

ロゴデザイン

プロダクトコピー

プロダクトコンセプト

“和”の魅力を自由に解釈した新しい和の家。

昔ながらの懐かしい“和”のデザインに「SOU・SOU」のポップさがコラボレーションした、現代のライフスタイルに合う”和“の家。「SOU・SOU」のテキスタイルを用いた暖簾をくぐり、通り庭の石畳のアプローチに立つ。梁が見える屋根を見上げれば、そこには空を仰げる天窓が。室外を室内のように感じさせる通り庭から土間、玄関に入り、右手には”離れ“をイメージした 和室。和室奥の床の間と縁側で、昔ながらの和を感じながらも「SOU・SOU」の壁紙がポップな”和“の空間を演出します。和室は客間にもリラックススペースにもなり、いつでも和める空間に。リビングのソファの張地や水回りの壁にも「SOU・SOU」のテキスタイルを採用。四季の移ろいを感じ、”和“に囲まれる家で暮らす日々で、住む人の所作も”和“になっていく。家族一人ひとりのライフステージに合わせて家自体を育てていける工夫も、この家にはあります。

プロダクトデザイン

外観デザイン:大屋根の軒はめいっぱい低く下げ、先鋭的でありながらどこか懐かしさを感じる“和”のフォルムに。 暖簾には「SOU・SOU」のテキスタイルを採用。

アプローチ: 縁側と和室に面した、玄関へつながるアプローチ。大きな梁を見せる天井は、軒先を低く抑えることで品の良い空間に。食堂は通り土間とし、伝統的な和を意識している。

内観デザイン:居間と和室 玄関を介して配置された居間と和室。造作のソファは階段へつながるデザイン。居間と食堂の段差はダイニングチェアとな り、機能性と動線を兼ねている。

プロジェクトサイト

https://nihon-noie.dolive.media

TOPIC① “和”の暮らしを彩るコラボレーショングッズも製作中

「NIHON NOIE PROJECT」コラボレーショングッズ第1弾として、SOU・SOU の人気アイテム「がま口」と「小巾折(こはばおり)」の 2 種を展開する。SOU・SOU を代表するアイコニックな柄 “SO-SU-U(そすう)柄”はもちろん、小巾折では今回の住宅で使用しているテキスタイルを使用した3柄を「NIHON NOIE PROJECT オリジナルアイテム」として限定販売します。(SOU・SOU 店舗やオンラインストアでの販売は今後取り扱い予定) 今後も同プロジェクト内で“和”の暮らしを彩るアイテムを随時開発していく予定です。

TOPIC② 由布院モデルハウスでは「離れ」として茶室のようなサウナも設置

※イメージ画像

「NIHON NOIE PROJECT by SOU・SOU」 のモデルハウス建築第1号となる舞台は、大分県由布院。由布院といえば、日本屈指の人気温泉地。そこで由布院という土地柄を活かし、今、ブームからカルチャーになりつつあるサウナを「離れ」として設置予定。この“茶室”のような和の解釈で表現した「サウナ」は谷尻誠氏が参画し、自然環境を生かしたネイチャーデベロップ事業を行う「DAICHI」がつくるオリジナルプロダクト。「母屋」と「離れ」として情緒あるサウナ体験を提供します。

Doliveメディア掲載 《CREATORSPROJECT VOL.3》

家づくりから発信していく、現代の"和" 「NIHON NOIE PROJECT by SOU・SOU」

これまで、Dolive メディアでは本プロジェクト立ち上げのきっかけから、設計に至るまで開発におけるプロセスを2回に渡り公開してきました。そして第3弾となる今回は、プロジェクト名が決まり、いよいよ一棟目となるモデルハウスの建築が大分・由布院にて決定!彼らはなぜ由布院を選んだのか?その真相は記事をご覧ください!

記事はこちらよりご覧ください。
https://dolive.media/301/

CREATORS PROJECT VOL.1
SOU・SOU×株式会社社外取締役 〜これまでになかった“和”の暮らしを考える〜 https://dolive.media/207/

CREATORS PROJECT VOL.2
SOU・SOU×株式会社社外取締役×Dolive による「家づくりプロジェクト」が始動! https://dolive.media/262/



<過去関連リリース>

新しい価値を創造する「クリエイター」だからこそ思いつく家って、きっとおもしろい。住宅メディア『Dolive』が今まで にない住宅のアイデアを発信する「CREATORS PROJECT」始動!!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000015251.html


SOU・SOU について

日本の四季や風情をポップに表現したテキスタイルデザインを製作する京都のブランド「SOU・SOU」。『新しい日本文化の創造』をコンセプトに、伝統的な素材や技法を積極的に用いながらも、現代のライフスタイルに寄り添うものづくりを展開。手掛けているアイテムは、地下足袋や和服、さらには和菓子や家具など多岐に渡り、世代や年齢問わず人気を集める。また、スポーツブランドやお菓子メーカー、下着メーカーなどさまざまな企業とコラボレーションを展開。日本発のテキスタイルデザインの可能性を広げ続けている。脇阪克二(テキスタイルデザイナー)、辻村久信(建築家)、若林剛之(プロ デューサー)らによって 2002 年設立。
https://www.sousou.co.jp/

株式会社社外取締役について

日本を代表する建築家、また企業家でもある谷尻誠氏と BEAMS であらゆる企画を手掛けるコミュニケーションディレクター土井地博氏、そして Dolive を運営するBETSUDAI Inc. TOKYO の CEO・林哲平の 3 人が主宰する、アウトサイダーらしい視点で新しい価値を提案するクリエイティブプロダクション。企業のブランディングをはじめ、カフェ、レストラン、ホテル、オフィス、レジデンスなどの業態におけるコンセプト立案、企画、空間ディレクション、広告戦略、運営サポート、収支計画、進行管理、メディアコミュニケーションなど、プロジェクトに応じてチームを編成し、新しい価値を提案。
https://shagaitori-pro.com/

『CREATORS PROJECT 』とは?
ユーザーにとって住宅を考える際のヒントや、ライフスタイルを参考にできる住宅エンターテインメントメディア「Dolive」が、様々な業界で新しい価値を生み出すクリエイターに注目し、彼らの視点で今までにない住宅のアイデアを発信するプロジェクト。ユーザーが見ていて楽しい、暮らしのアイデアが広がるような企画を提案していきます。 そして、そのクリエイター視点で想起されたアイデアを元に、Dolive が生み出す住宅商品や建材、設備として実際にプロダクト化することも視野に、この CREATORS PROJECT は展開していきます。


“どんな箱”に入ってもプロダクトデザインの世界観を表現する Dolive 的スケルトン×インフィル構想

今回開発したこの住宅プランは、スケルトン(駆体)とインフィル(デザイン)を組み合わせることによって完成するという家づくりにおける Dolive の思想“スケルトン・インフィル”の考え方にもとづいて設計しています。スケルトンを選んで、インフィルは自分好みのデザインを採用、それにより、より自分のライフスタイルに合った住宅を実現することができると考えます。



【Dolive(ドライブ)】について
「Dolive」は、家づくりをもっとカジュアルにシミュレーションして楽しむために生まれた、住宅エンターテインメントメディアです。もっともっと毎日を楽しんで暮らすためにユーザー視点の情報を発信しています。また、メディアで取り上げた新しいアイデアから発想した規格住宅商品を「Dolive HOUSE」として提案しています。
https://dolive.media/


【BETSUDAI Inc.TOKYO 】について
私たちは、全国展開している住宅ブランド「LIFE LABEL」「Dolive」のフランチャイズ運営を行なっています。住宅業界にまだない新しい視点とアイディアで、住サービスの価値創造を行うチームとして、常に業界のフラグシップでありたいと考えます。 家づくりが決まり切った息苦しいものではなく、「好みのスタイル」「生活にあった間取り」「そこでの過ごし方」をお客様自身が想像し、楽しみながらセレクトしていく家づくりをしてほしい。
「暮らしはもっと楽しめる」
私たちは、住宅の提案のみではなく、そこで今後始まるそれぞれのストーリーづくりを応援します。
https://tokyo.betsudai.co.jp /



本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
運営会社:BETSUDAI Inc. TOKYO / Dolive 事務局
所在地:東京都港区南⻘山 4-13-9 クレセントヒルズ 2F
TEL:03-4400-7890
E-MAIL:pr@dolive.media
事業内容:住宅メディアおよび規格住宅フランチャイズの運営
URL: https://tokyo.betsudai.co.jp/