marketing2019.04.23

カリフォルニア工務店とコラボした、西海岸の心地よさを楽しむリノベスタイル |『CALIFORNIA PROJECT』

 

introduction

「RE住む」の『CALIFORNIA PROJECT』は、アメリカ西海岸の空気を建築デザインに吹き込む空間のプロデュースを行うことで人気の、カリフォルニア工務店とコラボレーションして開発しました。
代表の岩切剣一郎さんのスケッチをもとに、誰もがリラックスして過ごせるような、ゆったりとした空気感の流れるカリフォルニアのライフスタイルを規格パッケージ化したプロジェクトをご紹介します。

「カリフォルニア工務店」とコラボレーションした背景

『CALIFORNIA PROJECT』が始動した、2015年はアメリカ西海岸生まれのライフスタイル複合セレクトショップ「Fred Segal(フレッドシーガル)」のアメリカ国外1号店が代官山にオープン、ライフスタイル提案型ショップの流行を作った「Ron Herman(ロンハーマン)」が次々と店舗展開するなど、日本にアメリカ西海岸カルチャーが入ってきてブームが起きている頃でもありました。

カリフォルニア工務店 クリエイティブディレクターの岩切剣一郎さん(左)と山下真生さん(右)

そんな中、アメリカ西海岸・カリフォルニア地域の自由で個性あふれるカルチャーやマインドを取り入れて、今までの“建築業界の常識”にとらわれない自由な発想で、ライフスタイル提案しているカリフォルニア工務店にコラボレーションを依頼することにしました。
空間設計において、西海岸テイストデザインのパイオニア的存在のカリフォルニア工務店とコラボして、カリフォルニアのライフスタイルをリノベーションに落とし込んだパッケージを作りたいという想いからRE住むの商品開発プロジェクトがスタートしたのです。

第1弾は西海岸のビーチテイストをアクティブに楽しむ『BEACH STYLE』

マンションや中古住宅で、なおかつ全国で施工が可能という条件の中で、カリフォルニアのテイストが好きな人たちがどんな暮らしができるのか、何を望んでその住まいを選んでリノベーションして住もうとしているのかをとことん考えていきました。

ライフスタイルのコンテンツをどう落とし込むか具体的にイメージを膨らませ、代表の岩切さんによって1枚のスケッチに落とし込まれました。

第1弾『BEACH STYLE』のコンセプトは「西海岸のビーチテイストをアクティブに楽しむリノベーションスタイル」です。
イメージしたのは、西海岸のサーファーたちが暮らすビーチハウス。白を基調とした無骨なヘリンボーン張りの壁、木目の質感や塗装などは敢えてラフに仕上げました。

「BEACH STYLE」の特徴のひとつであるヘリンボーン張りの壁

開放感を出すために、なるべく空間につながりを持たせたいと考え、リビングと書斎スペースとの間をガラス窓にして設計。西海岸のゆったりとした時間が流れる自由な空気を感じる空間が表現されました。

ユーザーの反響が大きくわかりやすくインパクトのある商品に

当時リノベーション業界では、コンクリート×ステンレスなど無機質でクールなテイストが主流でした。それゆえ「BEACH STYLE」のような明るいテイストの商品は少なく発売直後の反響が大きく出たのです。
リノベーション情報サイト「リノベりす」に掲載された、エンドユーザーが選ぶ人気リノベーション事例のランキングで6ヵ月連続1位に選ばれるほど、わかりやすくインパクトのある商品になりました。

第2弾は洗練されたサーフテイストを楽しむ大人目線の『CITY STYLE』

そして、第1弾発売から約3年、「BEACH STYLE」よりも、もう少しシックなイメージが好みという人向けにコラボレーション第2弾の商品開発が始まりました。
「BEACH STYLE」が20~30代のカジュアル寄りな層をターゲットにしているのに対し、30~40代のアーバンでモダンなデザインを好む層を狙いターゲットの拡大を図りました。

さまざまなアイデアが出ましたが、やはり原点となる「ビーチテイスト」のイメージから大きく外れないものにすることをデザインの軸に定めました。

岩切さんの描いた「CCITY STYLE」のインテリアイメージスケッチ

第2弾『CITY STYLE』のコンセプトは「洗練されたサーフテイストを楽しむ大人のリノベーションスタイル」。
「BEACH STYLE」が「海」や「サーフカルチャー」に振り切ったカジュアルなものに対して、同じビーチテイストでももう少し都会的で大人な雰囲気に寄せて、より幅広い年齢や嗜好の人たちが楽しめる空間を目指しました。

壁面は「BEACH STYLE」とは塗装の仕方を変えてきめ細やかな処理を施した

都会に住むサーファーをイメージし、デザインする上で目指したのは「モダンになりすぎないモノトーン」。
濃いめのカラートーンのヘリンボーン張りの床、黒いサッシ、モノトーンを基調にした都会的な雰囲気で空間を引き締めたの中にも、サーフテイストを感じさせる開放感、ナチュラルな素材感をプラス。細かなディティールの変化の積み重ねで「BEACH STYLE」とは異なる「CITY STYLE」ならではのテイストが完成しました。

誰もが「ビーチテイスト」が持つ 「開放感や心地よさ」を感じることが できる商品

「BEACH STYLE」も「CITY STYLE」も根底には「西海岸のビーチテイスト」というテーマがありますが、それは「海やサーフィンが好きな人に合う」という意味だけではなくて、誰もが「開放感や心地よさ」を感じることができるということ。規格商品でありながらも、自分らしく趣味や生活を楽しめる、カリフォルニアのライフスタイルを体験できる2つの商品を開発しました。
ぜひこちらからプロジェクト商品ページをご覧ください!

カリフォルニア工務店
アメリカ西海岸に息づくサーフィンやビーチテイスト、モーターカルチャーなどを取り入れたスタイリッシュな空間を手がけるデザイン事務所。サーフィンやバイク、釣り、アウトドア、デザインなど数々のライフスタイル提案し、シーンをつくってきた各雑誌媒体とコラボレーションを実現。クライアントのライフスタイルを活かしたこだわりの空間づくりを行っています。
WEBサイトはこちら