event2019.11.13

LIFE LABELの提案するエンターテインメント | LIFE LABEL CAMP2019 レポート編

 

introduction

2019年10月24日、舞浜アンフィシアターで開催された「LIFE LABEL CAMP2019」。LIFE LABELでは年に一度、全国の取扱店の皆様を招き、今後のブランディング方針や新商品の発表を行う全国総会を開催しています。LIFE LABELが掲げるコンセプト「Hello, new fun.」という世界観を共有する場として、皆様に楽しんで頂けるような参加型コンテンツをたくさんご用意しました。当日の発表内容や各ブースの様子などについて、ダイジェストでご紹介します。

LIFE LABEL CAMP2019、テーマは「fun fair」

今年のテーマは「fun fair」。「移動式遊園地」という意味で、海外の遊園地やサーカスをイメージ。更に、ショー形式の演出を盛り込み、エンターテインメント性の高いプログラム構成に挑戦しました。

テーマであるfunfairを表現したイラスト

会場のエントランスではフォトブースがお出迎え。

LIFE LABEL CAMP2019の開幕!

いよいよLIFE LABEL CAMP2019のスタートです。
まず田村と伊藤より、本会の開催趣旨についての説明です。
皆様と一緒に盛り上がりたいという想いから、サイリウムもご用意しました。

更に、特別ゲストとして「世界の果てまでイッテQ!」等テレビでも大活躍中のモデル、谷まりあさんにお越し頂きました。

「皆様との距離が近いですね」と谷さん。会場からは「可愛い」の声が!

人生をエンターテインメントにするツール。それがZERO-CUBE|CEO・林

本会プレゼンのトップバッターを務めるのはCEO・林。
2020年に10周年を迎えるZERO-CUBEの振り返りと、新商品ZERO-CUBE TOOLSのプロモーションについての紹介です。

ZERO-CUBE TOOLSの新しいCMも披露!ハートフルな音楽を届けるアイランドポップ・バンド「トレモノ」に楽曲提供を依頼した今回のCMについて、「自分たちが作るムービーの中でも、今回のCMの出来は過去最高だと思っています」と自信を見せました。

映像の主人公に気持ちが入り込み、涙する方もいました。

「今もZERO-CUBEの中では、様々な家族の物語が生まれています。ZERO-CUBEは、そこに住む主人公の人生を、エンターテインメントにするためのツールなのです」

最後に、今後もプロモーションにおいて音楽、映像に力を入れていきたいという想いを語りました。


「人生をエンターテインメントにするツール、そしてバイアスをかける要素としては、音楽も重要だと考えています。良い音楽が聴けるからこそ、その瞬間の思い出が記録され、記憶はいつかまた必ず引き出されます。ZERO-CUBEは、家族が集いそこで生きていく、プラットフォームです。世界に一つだけのプラットフォームになれるよう、これからも頑張っていきますので引き続きよろしくお願いします。」

「LIFE LABEL的スケルトン・インフィル」とは|WEB担当・佐々木

休憩を挟み、3名がプレゼンを行いました。

最初は、WEB担当の佐々木。
LIFE LABELの考えるスケルトン・インフィルについてです。

「家を建てるお客様に『家づくりはどんな箱に何を貼るか』というスケルトン・インフィルの考えは家を買いたいユーザーには浸透していません。LIFE LABELではそんなユーザーにこの考え方を分かりやすく発信し、ユーザーの思考を変えていくことで住宅業界全体をよりユーザー発想に変えていけたらと考えています。ZERO-CUBE TOOLSを通じて『ファッションを楽しむように、家のデザインを自由に変えられる』というスタイルを積極的に提案していきたいと考えています」

「ZERO-CUBE TOOLS特設WEBサイトでは、LIFE LABEL的スケルトン・インフィルを体験して頂けるシミュレーションを用意しました。お客様に『自分の好きなデザインの家をつくるってこんなに簡単なんだ』と感じて頂き、新しい家の買い方を提案できるツールとして活用して頂ければと思います」

「ZERO-CUBEをスタンダードに」今後のプロモーション展開|PR担当・伊藤

続いてはPRマネージャーを務める伊藤から、今後のプロモーションについてのプレゼンです。

「広告デザインを新たに2つ追加し、今後は合計5つのグラフィックでLIFE LABELの広告展開をしていきます。『広告なのになぜ家を全部写さないのか?』それは、家でなくLIFE LABELで暮らす一人一人が主役だからです。幸せな家族の1番良いシーンを切り取ったグラフィックとなっております」

LIFE LABELの広告グラフィック

その他、今後の広告展開についての報告もありました。

「約10年間愛され続けてきたZERO-CUBEだからこそ、これからもずっと愛される『住宅のスタンダード』になれると考えています。大好評頂いたオリジナル雑誌『LIFE LABEL』の第2号も発行予定ですので、販促ツールとして使って頂きたいです!」

3つの新商品と「LIFE LABELらしさ」を伝える施策|営業・田村

最後のプレゼンター田村は、新商品についての発表です。

「私が紹介するのは、『FREAK’S STORE』、『カリフォルニア工務店』、ライフスタイル雑誌『POPEYE』とのコラボについてです。2019年末から2020年にかけて一気に商品をリリースしていきます。それぞれのターゲットやコンセプトの違い、そしてその家を舞台にどんな物語が生まれるかをしっかりとイメージしながら、多くのお客様に支持される住宅商品を届けていきたいと考えています。」

また今後のLIFE LABEL LAB.についての話もありました。

「『LIFE LABELらしさ』を伝えるLIFE LABEL LAB.の中で、動画で様々な情報を発信していくチャンネルがあります。そこにどんどんコンテンツを増やし、取扱店様にとって新しい発見や気づきが得られる場にしていきたいと考えています。ぜひそちらもご期待いただければと思います。」

昨年よりも更にグレードアップ!様々なコンテンツをご用意しました

今回は初の試みとして「グレイテスト・ショーマン」を彷彿とさせるショー形式でのプログラムに!その他にも様々なコンテンツをご用意しました。
「LIFE LABEL SHOW」と名付けれた、ショーのストーリーはこちら。

弊社CEO林が団長を務める「LIFE LABEL団」というサーカス団が主役の物語。ある日、サーカス団が持つ「パンドラの箱=ZERO-CUBE」の力に目を付けた悪者たちが、あの手この手を使い、パンドラの箱を奪いにやって来ます。団員で力を合わせて、悪者たちからパンドラの箱から守り切るというストーリー。

ZERO-CUBE TOOLSで新CMの楽曲を担当した「トレモノ」のLIVEも実施。
CMの楽曲「まほろば」も披露してくれました。

更にサプライズゲストとして、藤巻亮太さんにもお越し頂きました。
バラードやアップテンポの曲などを幅広く披露してくださり、会場全体の盛り上がりは最高潮に!音楽というエンターテインメントを通じて会場全体がひとつになりました。

参加型コンテンツとして開催した大抽選会も、大いに盛り上がりました。

笑顔に包まれた各ブースの様子

ここからは各ブースの当日の様子を紹介します。LIFE LABELブースでは、toolboxやオリジナル家具のgotcha(ガチャ)、建具や洗面を体感できるブースを設けました。

親子で楽しめるキッズエリアは今年も大盛況!
ノリノリの音楽が流れる空間で、ダーツや輪投げを楽しむ親子の姿がたくさん見られました。

会場内のロビーでは、フード&ドリンクコーナーがオープン!
LIFE LABELと人気カフェがプロデュースしたフードがずらりと並びました。
今回は、海外の遊園地をイメージしたディスプレイにもこだわっています。

アルコールもフリーで楽しめるということで、会話も弾みます。

休憩時間も会場のあちこちから笑い声が聞こえ、とても賑やかな雰囲気でした。

フォトブースで写真を撮る人も。

最高の盛り上がりを見せた「LIFE LABEL CAMP2019」。
LIFE LABELがお届けするエンターテインメントはいかがでしたでしょうか?
皆様と同じ時間を共有させて頂く中で、改めて「たくさんの方々に支えて頂いている」ということを実感し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

BETSUDAI Inc.TOKYO一同、これからも住宅業界全体を盛り上げるため頑張ってまいります。来年の「LIFE LABEL CAMP」もどうぞお楽しみに!