押上娘荘2019.12.09

酒場編★ 住宅業界に「女性」、人生に「スナック」は欠かせない!?|押上娘荘#06

 

いよいよ酒場「押上娘」のオープン日がやってまいりました。

サチモス

あ〜ドキドキする!

「ママ、やってる~?」

と、スナックに慣れた声色で現れた本日のゲストはこちらの3名。

株式会社サンプロ 代表取締役 青柳弘昭さん
長野県に本社を持ち、新築住宅、リフォーム、不動産、家具雑貨など住生活に関わる事業を地域に根差して展開する。また、自社が培ってきたコンテンツや仕組みを住宅リフォーム事業者向けに提供するネットワークである「LOCAS(ロカス)」を全国展開している。webサイト

カーサプロジェクト株式会社 代表取締役 縣桂一郎さん
casa cubeをはじめとした12種類のデザイン規格住宅“「casaの家」を住宅フランチャイズとして全国に展開。現在は、規格住宅のノウハウを活かし、建築家との家づくり「design casa」のブランディグも手掛ける。webサイト

カーサプロジェクト株式会社 取締役 齊藤弓勢さん
カーサプロジェクトのボードメンバーとして、“日本の住宅を変える”をポリシーに、世界中の建築物を視察している。現在、各社が展開しているデザイン規格住宅の源流となるcasa cubeは、ご本人の経験から開発されたと言う。デザイン規格住宅の生みの親的な存在。組体操好きとしても有名。

じゅんこママ

いらっしゃーい!
オープンしたばかりなので不慣れですが、カジュアルに楽しんでもらえる酒の場になったら嬉しいです。今日は田舎のスナック仕様です!

縣さん

まだ飲んでないけど、既に楽しい(♪)

マツモス

嬉しいこと言ってくれるわね〜!
ではまず、みなさんでかんぱーい!ようこそ、おしむす酒場へ!

今日はとことん飲んでいただきましょう

斎藤さん

これ、全部みんなで作ったの?

サチモス

そうなんです。DIYとセルフスタイリングで仕上げました。友安製作所や夏水組の商品使って作ってるんですよ♡

青柳さん

すごいね、本当のスナックみたいじゃん。

じゅんこママ

ごはんも作ってるので、召し上がってね。
今日の献立ては、ポテトサラダ、肉じゃが、唐揚げ、おしむすび♡ですよ。

じゅんこママ特製のからあげ

名物「おしむすび♡」

じゅんこママ

このおしむす酒場では、まだまだ業界素人な私達が ゲストのみなさんに住宅業界のことをもっと教えてもらう場になったらいいなと思ってるので、是非いろいろと教わりたいです!

縣さん

教えられることあるかなぁ(笑)

俺らって基本男社会で、女性がいない環境で生きてきていたから、ベツダイ東京の女性陣は新鮮だよね〜。たぶん加盟店さんもそう感じてるんじゃないかな。

マツモス

そう言っていただけて嬉しいです。
ここ最近は業界全体に女性がだいぶ増えてきている印象がありますよね?

青柳さん

今って転換期だとおもう、いかに女性に活躍してもらえるかで会社の伸びしろが変わるとおもってて。まだまだ男性社会だけど、いまは女性の感性がないと対応できない時代になってるからね。

必要とされて笑みが止まらない女性代表

じゅんこママ

住宅業界のどんな部分で女性は活躍していけますかね?

青柳さん

男性は頭で考えるけど、女性は感性で考える。デザインや感性の部分にアンテナが高いから、そこを補えるのは圧倒的に女性なんじゃないかな。これからの時代はもっとそれが必要になるよね。

齊藤さん

SNSが無い時代は、発信が基本チラシだったから、業界も閉ざされてたよね〜。たぶんいまはネットやSNSで情報を拾うから、業界がグッと変われるチャンスでもあるとおもう。だからこそ女性の感度は必要だね。

サチモス

押上娘の企画についてはどうおもいますか?

縣さん

俺たちじゃ考えつかないから、本当純粋に面白いなって。まさに業界の女性たちがキラキラ働いてることを伝えて、巻き込むにはいい企画だよね〜!
住宅業界の文化を考えると、変わっていくのは簡単じゃないからさ、変えることが出来る環境にいる人たちが頑張っていくことが大切だよね。まさに押上娘みたいな企画をやれる環境もそのひとつだとおもうな!

じゅんこママ

こうやって発信できる環境は、本当に恵まれているからだとおもいます。もっと女性たちを巻き込んで、能動的に盛り上げていけたらいいな。

縣さん

うちの女性スタッフとも、どんどん横のつながりを作って欲しいな〜!

次から次へとお酌をするバッカスマツモス

マツモス

是非とも!ありがたいです。さぁ、飲んで飲んで!

最後に、この酒場をスナックのような居心地のいい場所にしていきたいと思っていまして。みなさんにとって「スナック」ってどんな場所ですか?

齊藤さん

俺は、ちょっと叱ってもらいたいって思ったときに来るかな。

青柳さん

う~ん、1人でもフラッと1杯立ち寄れる場所かな。
なんなら代行呼んで待ってるときでも立ち寄れちゃう、そのくらい気楽なところ。

縣さん

俺にとっては、ルーティンかなー。ライフスタイルの中に割と染み付いている。なくてはならない場かもしれない。

サチモス

なるほど‥ものすごく価値を感じますね。

皆さん定義は違いますが、スナックは3名の人生に欠かせない場のようです。
おしむす酒場も、居心地が良いからまた来たいと思ってもらえるような場にしたい!
新米ママたちはそう思ったのでした。

そう、この満面な笑顔を見て。

齊藤さん

あ~今日は本当に楽しい時間をありがとう!!最後に、やっちゃう?アレ!!

おしむすめ

?????

・・・・・・・

齊藤さん

最後に!

青柳さん、縣さん、齊藤さん、お忙しい中ご来店ありがとうございました!!
押上娘荘の『おしむす酒場編』では、住宅業界を牽引する方々をゲストに迎え、まだまだ業界素人なおしむす達が、「業界のこと、教えてください!!」と、住宅業界を掘り下げていきます。次回のゲストは、リノベる 取締役 大森章平さま、ダンドリワークス 代表取締役 加賀爪宏介さまからご予約いただきました。次回はどんな話が繰り広げられるでしょうか。次回もお楽しみに!!

漫画、 押上娘荘 #06 心を込めたおもてなし♡コチラ