女子ーズに語らせて2021.05.07

LIFE LABEL RADIOではビジネスヒントになる内容が盛りだくさん!|#02 女子ーズに語らせて♡

 

introduction

BETSUDAI Inc. TOKYOのPR女子メンバー“女子ーズ“と「LIFE LABEL RADIO(ライフレーベルレディオ)」がタッグを組んだこの企画、その名も「女子ーズに語らせて♡」。
「LIFE LABEL RADIO」に興味はあってもなかなかラジオを聴けない人もいらっしゃるのでは…。そんな方々のために、BETSUDAI Inc. TOKYOのPR女子メンバー(女子ーズ)がラジオ内容を分かりやすくご紹介します。
これまでの放送内容はこちらよりぜひご覧ください!

普段は聞けない貴重なビジネス論をたくさんお伺いできました!

大場

前回の記事では、これまでの放送回から「エンターテイメント」枠の切り口で放送内容をご紹介しました。今回は「ビジネス」枠を振り返ります!

大石

今回のビジネス枠としては、OCEANS編集長 江部寿貴さん、建築家・起業家の谷尻誠さん、株式会社大都 代表取締役 山田岳人さん、amadana株式会社 代表取締役 熊本浩志さんの回をご紹介します!

小池

みなさん、どれも本当に勉強になりましたね。早速ご紹介して行きましょう!

編集者らしい言葉が印象的だったOCEANS編集長 江部寿貴さん

大場

江部さんが出版業界に進むきっかけとなったのが、ビームス代表 設楽さんの言葉だったっていうのは印象的でした!設楽さんの「モノの裏側にある文化を届ける仕事」という言葉は、確かに、ファッションにも雑誌にも繋がりますよね。

大石

私はトレンドリサーチの話が参考になりました!江部さんがトレンドをリサーチするときは、SNSはもちろんだけど、街を歩いているだけでも今のトレンドがわかるって言葉、編集者らしいなーって。

小池

江部さんの趣味はやっぱりサーフィン!最低でも週1行くなんて、まさにライフスタイルの一部ですよね。やっぱり家でも職場でもない自分だけの場所あるって、きっともっと人生が充実するんでしょうね♪

大場

会話中にも出てきた”OCEANS HOUSE”のコラボの話、本当に実現したらどんなお家ができるんだろう。ぜひ取扱店の皆さんにも楽しみにしていただきたいです!

独特の視点に引き込まれる 建築家・起業家 谷尻誠さん

大石

谷尻さんとの出会いは「BENTO HOUSE」プロジェクトがきっかけ。今では一緒に会社を立ち上げたり、二人の関係性だからこそ聞けるような内容がいっぱいでしたね!

小池

谷尻さんの東京のご自宅、この前Casa BRUTUSの2月号で特集されてたけど、ほんと個人宅とは思えない。素敵すぎました!ちなみに、幼少期の実家がベースらしいんだけど、嫌いだった幼少期の風景が、全部やりたいことになっていたというのは話は面白かったな。

大場

私はアイデアのつくり方のお話しが面白かったです。ほとんどの人が自然と世の中の流れを受け入れてるけど、小さな子供みたいに目の前ことを色々疑ってみる思考は参考にしたいです!

大石

そういう癖づけが大事ですね!アイディアマンの谷尻さんですが、「アイディアを価値化する」ことを大事にされてますよね。実際に10社も企業されてて谷尻さんの行動力は尊敬します!

小池

谷尻さんとは今、Doliveでの”和”の要素を取りれた新商品の開発も進んでいて、これも本当に楽しみ!ぜひ取扱店のみなさんにも改めてDoliveの記事、読んでいただきたいですね!

業界の方必聴!大都 代表取締役 山田岳人さん

大場

山田さんは、DIYの提案型ECサイト「DIY FACTORY」を運営されています。「カンブリア宮殿」に出演されたり、Forbesでも取り上げられたり、メディアにもたくさん出ていらっしゃいますよね。

大石

実は、大都はもともと老舗の金物卸問屋で、経営危機だった会社を山田さんが継いだ後「何か新しい事をやらなきゃいけない」と考えた時に問屋業でなく、直接お客様に商品を売るEC事業を始めたんだそう。
今ではDIY業界を牽引する企業にまで成長させたって、本当にすごい!

小池

DIYの文化を広げたのが「DIY FACTORY」さんと言っても過言ではないですね!

大場

山田さんのお話から、「DIYを一つの文化にしたい」という気持ちがすごく伝わってきました!壮大なことかもしれませんが、業界全体で街や暮らしをもっとよくしていきたいですね!

ビジネス思考の参考になる amadana代表取締役 熊本浩志さん

大石

デザイン家電で有名なamadanaの熊本さんの回は、冒頭、野球やゴルフなど林との共通の趣味の話題ですごく盛り上がってましたね。野球マネジメントの話面白かったです!

小池

そうですね!熊本さんは自分でコントロールする癖とか、他の人と違う目線がキャッチャー経験から身についたんだって!それが今のマネジメントにも活きてるんですね。

大場

私は商品開発の話が面白かったです。「会議で生まれたアイデアから、ヒットした商品は一つもない」はまさに名言!

大石

あと、「余白」の話も勉強になりました!例えばiPhoneがアプリでいくらでも楽しめるみたいに「戦略的な余白が人の心を掴む」って、この言葉も説得力あるなと思います。住宅も完成した後を余白と考えると、家づくりがもっと楽しく考えられそうですね!amadana さんとの商品開発がますます楽しみになりました!

デザイン家電を比べてみました!

ゲストにお呼びした熊本さんの会社、amadana株式会社は2003年にファブレスメーカー(自社で設計を行い、自社工場を持たずに製造を他の工場に委託すること)としてスタート。今やデザイン家電といえば「amadana」というイメージ通り、手がける商品は独自のデザイン性の高さで人気を博しています。
2000年ごろからamadanaを始め、BALMUDA、±0(プラスマイナスゼロ)など日本ではデザイン目線を取り入れた家電ブランドが多く誕生しています。大手家電メーカーもデザイン性を高めた商品を発売するなど、現在の家電は機能だけではなく、スタイリッシュなものや可愛いものなど、こだわりのある家電がとても人気です。

一般的な家電と、amdanaさんのデザイン家電を比べてみると…

味気ない家電にデザインが入る事により、洗練されスタイリッシュに!これならお部屋の雰囲気も一気に変わりそうですね。

日本の家電業界はまさに高機能競争。一方、amadanaのように機能はもちろんデザインにブランドらしさを持たせることで、ファンを作る。そうすることで機能や性能とは別の差別化を図り、競合がひしめく業界で勝ち残っていける可能性を高めています。

家電業界に起きているこの現象は、住宅業界も同様ではないでしょうか?
デザインという「クリエイティブの力」で市場に変化を起こし、新しい市場を作る。住宅業界でその変化を起こそうとしているのが、私たちBETSUDAI Inc. TOKYOです。

業界は違っても、「デザイン」や「クリエイティブ」がもらたす可能性は同じ。
この可能性を信じて、私たちは今後も暮らしを楽しくするお手伝いをしていきます!

そのためにもラジオ内容を聞き直して再度勉強します…!

【LIFE LABEL RADIO】
家族のプラットフォームである”家”を軸に毎週迎える様々なゲストと一緒に、暮らしがもっと楽しくなるアイデアを心地よい音楽を混じえながら発信していきます。
InterFM897にて毎週日曜日 PM8:00~8:30 放送中。

次回、5月2日の放送は高橋優さんをお迎えします!

オンタイムでのご聴取にはInterFM897(放送対象地域:関東広域圏)、またはラジオ配信サービス『radiko(ラジコ)http://radiko.jp/』をご利用ください。radikoでは最新1週間分の放送をご聴取頂けます。

また、お聞き逃しの方はLIFE LABEL RADIO特設サイトにてアーカイブ動画をぜひご覧ください!
<特設サイト>https://tokyo.betsudai.co.jp/radio/