event2018.12.22

懐かしさとFUNがいっぱい!|
LIFE LABEL CAMP 2018 レポート後編

 

introduction

2018年10月31日に舞浜アンフィシアターで開催された「LIFE LABEL CAMP 2018」。前編では本会の発表内容である広報やWEBに関する新しい取り組み、主力商品であるZERO-CUBEのアップブランディングについてレポートしましたが、後編では”CAMP”や”リバイバル”にちなんだにぎやか楽しい企画ブースの様子をレポートします。

テーマは「リバイバル」
LIFE LABELのタグラインでもある”Hello, new fun.”のように「『毎日が楽しい』と思っていた、子どもの頃の感覚を思い出して欲しい」という思いが込められています。

会場には、テーマ「リバイバル」にちなんだ企画ブースや、CAMPな気分を感じられるケータリングブースが並びました。

2019年春リリースの新作家具を公開

LIFE LABELブースのメインコンテンツとして、2019年春リリース予定の新作家具を紹介するコーナーが登場。ダイニングテーブルやソファ、プランターポットなどの家具に合わせて、ホッピングやファミコンなど「これ、子どもの頃に夢中になって遊んでいたな~」と思わず言いたくなるような、昔懐かしいアイテムがディスプレイされています。

ソファやベンチに腰かけたり、「かわいい!」と言いながらコーナーの写真を撮ったりしているみなさんの表情を見ていると、リバイバル気分を楽しんでいただけたのではと思います。

新しくリリースされる家具の特徴は、自分のライフスタイルに合わせて好みのカスタマイズができること。例えば、ソファやテーブルなどの家具に、オプションでバスケットやサイドテーブル、照明などを加えることができます。この発想は、+FUNで好きなオプションを加えられるZERO-CUBEの考え方と共通するもの。詳しい情報は来年にかけて順次公開していく予定なので、リリースをお楽しみに!

大人も子どもも楽しめる懐かしのゲームに大はしゃぎ!

家具の展示コーナーのまわりには、LIFE LABEL CAMP 2018のテーマ「リバイバル」に沿って、子どもから大人まで楽しめるコンテンツが勢ぞろいしました。

懐かしのBGMで、大人もノリノリ!

ちょっとレトロでポップな音楽が流れる空間に、輪投げや射的、くじ引きコーナーなどのお楽しみコーナーが登場。お菓子やおもちゃを狙って、子どもたちのみならず大人も一緒になって楽しそうにチャレンジしていました。

CAMPにちなんだ食事にフォトブース…… 笑顔に包まれた会場

会場内のロビーでは「CAMP」をテーマにしたフード&ドリンクコーナーがオープン! 森のような雰囲気でコーディネートされたテーブルには、みんなでワイワイ楽しめる豪華なメニューがずらりと並びました。

ワイン、ビールなどのお酒もフリーで飲めるので、休憩時間の間、ロビーではあちらこちらで賑やかな笑い声が。

ハロウィンに合わせて、お揃いコーデで来てくださった方も

当日はハロウィーンだったため、ロビーにはかぼちゃをあしらった季節を感じるディスプレイもちらほら。ロビー中央のフォトブースでは、おなじみのLIFE LABELキャラクターのパネルが大集合。記念写真を撮っている方もたくさんいらっしゃいました!

取扱店さまに嬉しい感想をいただきました!

最後に、LIFE LABEL取扱店さまを代表して、株式会社ケイティホーム 代表取締役の津村康介さまに、本日印象に残ったことをインタビューさせていただきました!

「去年とは場所が変わって、今年は一体どんなふうになるのかなと期待していましたが、サプライズ演出がたくさんあって、盛大でしたね! すごくワクワクした時間を過ごせました。CAMP飯もどれもおいしくて、休憩中もずっと飲んだり食べたり、みなさんと盛り上がってしまいました。僕自身、LIFE LABELの『暮らしを楽しむ』という考え方にすごく共感しているので、今日発表された今後のブランド展開もとても楽しみです」(津村さま)


笑顔に包まれた「LIFE LABEL CAMP 2018」。キャンプ気分を味わい食事を楽しんだり、懐かしのゲームや音楽を無邪気に楽しんだりと、子ども心を思い出し楽しい時間を過ごしていただけたようです。

たくさんの笑顔を胸に、BETSUDAI Inc.TOKYO 一同、住宅業界を盛り上げるべくますますパワーアップしていくことを決意しました。来年の「LIFE LABEL CAMP」にもご期待ください!